大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 離婚後の持ち家って皆どうしてる?

離婚後の持ち家って皆どうしてる?


2e9eeb86e19601081c8a9365b7b2f7c2_s

離婚した後は持ち家をどうするべきか?

離婚した夫婦が持ち家を所有している場合、 「その持ち家ををどうするのか?」というのは、 どこの夫婦間でも必ず持ち上がる問題です。

名義変更してそのまま住む人もいる

旦那さんor奥さんがそのまま持ち家に住み続けるケースもたくさんあります。 せっかく購入した持ち家ですから、「赤の他人に売り渡すぐらいなら意地でも住み続けたい」 という人がたくさんいるのです。 また、そのような背景だけではなくて、「 毎月のローンの支払い額が、賃貸で家賃を支払うのとさほど変わらないから」 という理由で住み続ける人もいます。 離婚するとはいえ、持ち家は財産ですから、手放してしまうよりかはこっちの方が良いかもしれませんね。無事に完済してしまえば、「賃貸経営して家賃収入を得る」などの将来設計も可能ですし。

住む予定の ない場合は売却する

夫婦ともに、持ち家に住む予定がないのであれば、売却してしまう人もたくさんいます。 思い出の家に住み続けるのはつらいですし 、部屋がたくさんあっても持て余してしまいますからね。 持ち家を手放す時は、競売にかけて しまうのが一般的です。 しかし、競売は あまりお勧めできません。 どうしてかというと 、価格が あまり値上がりしないからです。 たとえ新築に近い家だったとしても 、住み始めた段階で2割ぐらい物件の価値は下がると言われています。

競売よりも任意売却

じゃあ一体どうするのか?というと、 任意売却がお勧めです。 任意売却の方が 競売よりも確実に 高値で手放すことができます。 競売にしても任意売却にしても 、持ち家のローンが残っている場合は、売値価格を差し引いた残りのローンは支払っていかなければなりません。 それを考えると 、任意売却した方がローン返済は楽になるのです。

連帯保証人への配慮も忘れずに

持ち家を購入した時には、 夫婦で連帯保証人 を結んでいる場合もあると思います。だから、 離婚した時に夫婦のどちらかに連帯保証人としての 負担が残るのです。 たとえ憎み合って離婚したとしても 、お金に関する配慮は重要ですから、 任意売却でなるべく負担を減らしてあげましょう。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ