大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 離婚後の住宅ローンは連帯保証人が払うのか?

離婚後の住宅ローンは連帯保証人が払うのか?


rikon

離婚した後の住宅ローンはどうすれば良いのか?

結婚してマイホームを購入する際には、誰もが 幸せな気持ちでマイホームを購入されたと思います。しかし、仲違いにより離婚してしまう夫婦も多数存在しているのです 。そんな時に持ち上がるのが 「マイホームの住宅ローンをどうすのか?」というトラブルとなっています。

連帯保証人がいる場合は要注意

マイホームを購入する際に、 旦那さんがローン契約者としてサインをして、奥さんが連帯保証人としてサインをするというのはよくあることです。もし、離婚をきっかけに旦那さんが住宅ローンの支払いを放棄してしまったら、連帯保証人である奥さんに全ての返済がのしかかってきます。

連帯保証人の解除は難しいのが実情

連帯保証人は、 夫婦間での契約ではなく、 ローンを組んでいる金融機関との契約なので、離婚したからといって簡単に抜け出すことはできません。ですから、離婚後の住宅ローンはどのように支払って行くのか?しっかりと取り決めしておかなければならないのです。

任意売却を検討してみませんか?

離婚後の住宅ローンを少しでも減らしておきたいのであれば、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか? 任意売却と言うのは、住宅ローンが残っているけど売却したいと思っている人達への救済です。住宅ローンが残っている住宅は、通常は競売にかけることになります。しかし、競売にかけると相場よりも低い値段になりがち。それに、具体的にいくらの値段がつくのかは?手続きの直前になるまでわかりません。 競売には 裁判所が介入してくるため、 売り手側の意向が反映されずに 強制的な判決になることも多いのです。その一方で 、任意売却の場合は、 不動産コンサルタントが間に入ってくれるので、裁判所が介入しません。それに、比較的高値で売却することができます。これなら、残りの住宅ローンをかなり軽減させることができるのです。 残った住宅ローンは一括請求するのがほとんどですが、だいたいは分割返済に対応してくれるので、そこまで心配する必要がありません。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ