大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 離婚をする際、住宅ローンの名義変更は可能?

離婚をする際、住宅ローンの名義変更は可能?


そもそも、住宅ローンの名義とは?

住宅ローンの名義人とは、銀行などの金融機関に住宅ローンの申し込みをしたひと、つまりは住宅ローンの債務者のことです。
夫だけが住宅ローンを組んでいるのでしたら、夫が住宅ローンの名義人となり、夫と妻の収入を合算してローンを組んでいるのでしたら、夫婦で連帯名義人、つまりは連帯債務者となります。

住宅ローンの名義と混同されやすいものに、不動産の所有名義があります。
これは不動産が誰に属しているのかをあらわすもので、住宅ローンの名義とは異なります。

住宅ローンの名義変更をするためには?

不動産の所有名義であれば、夫婦の間で話し合って決めておけば、ある程度名義変更をすることが可能です。
離婚をしてもともと夫の所有名義となっていたマンションに妻と子どもが住む場合は、所有名義を夫から妻に変更するのです。

ただし、住宅ローンの残債がある場合、不動産の抵当権は銀行などの金融機関にありますので、金融機関の了承を得る必要があります。

では、住宅ローンの場合はどうでしょう?
まず結論から申し上げると、ローンの名義変更はなかなかハードルが高いと言わざるをえません。

もし夫ひとりが名義人となっていた場合、離婚に伴って妻にローンの名義を変更するのであれば、妻に夫と同程度の収入がなければ金融機関は認めてくれません。

夫と妻が連帯名義人であった場合はどうでしょうか。
この場合、住宅ローンは夫婦の収入を合算したものに対して融資されたということですので、例えば妻だけを名義人から外すといったことは難しいでしょう。

第三者に名義を変更する?

住宅ローンの名義変更で可能性があるとすれば、それは元の名義人と同程度の収入のある第三者に名義を変更するケースでしょう。
金融機関としても、収入が同程度であれば債務の回収のリスクは高まりませんので、認めてくれることが多いようです。

ただし、住宅ローンの債務を負ってくれる第三者を探すこと自体が難しいということは否めません。
離婚に伴い支払いの継続が難しいという理由で名義変更を検討するのでしたら、任意売却を視野にいれることをおすすめします。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2グランソレイユ

おすすめの理由
                 
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  •                    
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ