大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 離婚をして持ち家を売却するにあたって

離婚をして持ち家を売却するにあたって


pixta_12829197_M

どんな持ち家でも簡単に売却できるわけではありません

離婚をするとなると、持ち家をどうするのかも決めていかなければなりません。
何十年もの住宅ローンを組んでせっかく購入した持ち家ですが、夫婦の思い出がつまっている場所ということもあり、離婚をきっかけに売却したいと考える方が少なくありません。

この場合に気をつけたいのは、いったいいくらで売却できるかということ。
売却の時点で残っている債務よりも売却価格が下回ってしまうと、残債が残ってしまいます。

こういったケースをオーバーローンといい、オーバーローンでは住宅ローンを一括返済することができず、売却のための抵当権を抹消してもらうことができません。

では、夫が妻に明け渡した場合は?

離婚を機に夫が家を出て行き、財産分与として妻や子どもたちに住まわせるというケースもあります。
妻ひとりだけの収入では生活が苦しくなるということが往々にしてあるため、このようなかたちをとるのですが、ここでも気をつけたいことがあります。

それは、妻も住宅ローンの連帯債務者となっていないかどうかということ。
もし連帯債務者になっているとすると、夫が住宅ローンを返済できなくなった場合には、妻が返済をしなければならなくなります。

夫としても、住宅ローンを継続して支払いつつ、新しい住居の費用も負担しなければなりませんので、どうしても支払いが不安定にならざるをえません。

離婚をしたら、持ち家の任意売却も考えてみましょう

任意売却とは、住宅ローンの融資元である銀行などの金融機関の承認を得て、競売よりもずっと高い価格で持ち家を売却できる制度です。
引越し費用などの諸費用も捻出することができますので、とても実際的に手続きを進めていくことができます。

夫と妻の双方にとって建設的で、前を向いて新しい人生を歩んでいくためにも、任意売却でいったんリセットしてみることをおすすめします。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ