大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 離婚をしたあとの住宅ローンの返済は?

離婚をしたあとの住宅ローンの返済は?


まずは、ローンの名義人を確認しておきましょう

離婚をするとなると、いろいろな手続きであわただしくなるもの。
持ち家をどうするのかも重要なトピックのひとつです。

離婚をする時点ですでに住宅ローンの返済が終わっていれば問題はないのですが、残債があると話は別です。
基本的に、ローンは完済するまで返済する義務があることには変わりませんので、今後どうしていくのかを話し合っておきましょう。

たいていの場合は夫がローン名義人となっていると思います。
夫がそのまま持ち家に住み、妻が新しい住居を探すという場合は、夫がそのまま毎月ローンを返済していくだけですみます。

一方、夫が家を妻に財産分与するとなると、状況は少しややこしくなります。
毎月の返済はローン名義人である夫のままですが、家の所有権は実質妻ということになるからです。

ローン契約のなかには、ローン名義人が不動産に居住していることを条件としていることがあり、このケースでは明らかな契約違反になります。
最悪の場合、ローン融資元の金融機関が抵当権を行使し、残債の一括返済か競売かを迫ってくることも考えられます。

さらに、妻が連帯保証人になっていると厄介に

妻が連帯保証人になっていると、さらに話が違ってきます。
夫がそのまま持ち家に住み続け、もしも住宅ローンの返済が滞ってしまったら、債務の返済は妻が行わなければならなくなります。

家を出ているのに残債の支払い義務が付いて回るというのは、離婚をしてこれから新しい生活をスタートしようと考えている妻にとっては、すっきりしないものでしょう。

また、夫が家を明け渡した場合、住宅ローンを継続して支払い続けるのに加えて、新しい住居のコストも負担しなければならず、どうしても住宅ローンの支払いのトラブルが起こりやすくなってしまうもの。
この場合でも、連帯保証人である妻は常に代理で返済を行う義務を背負っています。

これらのリスクを回避したいと考えている方でしたら、持ち家を任意売却することを検討してみてはいかがでしょうか。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2グランソレイユ

おすすめの理由
                 
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  •                    
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ