大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 離婚してからも住宅ローンの残る家に住むことは可能?

離婚してからも住宅ローンの残る家に住むことは可能?


ac6ebc83996b222618854812be32ae3c_s

まずは、住宅ローンをきちんと支払い続けられるかどうか

離婚をするとなると、夫婦の間でさまざまな話し合いが行われます。
もし住宅ローンを組んで不動産を購入しているとなると、どちらが住み続けるのかといったことも決めていきます。

離婚の場合に多いのは、夫が家を出て、妻や子どもがそのまま住み続けるケース。
夫が住宅ローンの名義人となってローンの支払いを継続していきます。

夫は新たに住むところを見つけなければなりませんし、新しい居住地の住宅費も用意しなければならなくなります。
そのため、まずなによりも経済的に支払いを継続することができるかどうかがポイントです。

離婚をしたことをすぐに銀行に伝えるのは得策ではありません

上記のケースの場合、住宅ローンの名義人は夫ですが、家に住むのは妻と子どもとなりますので、不動産の名義を変更する必要があります。
ただし、ローンの残りがある場合には不動産の抵当権は融資元の銀行にありますので、債務者の一存で不動産名義を変更することはできません

そのため、銀行に離婚したことを伝え、名義変更を依頼すればいいと考えるかもしれませんが、それは得策とは言えません。
というのも、住宅ローンを組む際に交わした契約のなかにローンの名義人が不動産に住むことを条件としているケースが少なくないからです。

銀行としても、もしローン名義人がその不動産に住んでいないのであれば、ローン返済のモチベーションが下がってしまうことを懸念するのは当然のことです。
そのため、離婚をしたことを銀行に伝えるのであれば、きちんと対策をとっておくようにしましょう。

不動産の名義変更はしばらく待つのもベター

上でご説明したように、ローン名義人である夫が家を出る場合、不動産名義を妻に変更するのはなかなか難しく、場合によっては銀行がローンの一括返済か競売をもちかけてこないとも限りません。
そこで、ローンの残債が少なくなるまで待つか、任意売却をして不動産の抵当権を解除をすることをおすすめします。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ