大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 離婚してからも住宅ローンの残る家に住むことは可能?

離婚してからも住宅ローンの残る家に住むことは可能?


まずは、住宅ローンをきちんと支払い続けられるかどうか

離婚をするとなると、夫婦の間でさまざまな話し合いが行われます。
もし住宅ローンを組んで不動産を購入しているとなると、どちらが住み続けるのかといったことも決めていきます。

離婚の場合に多いのは、夫が家を出て、妻や子どもがそのまま住み続けるケース。
夫が住宅ローンの名義人となってローンの支払いを継続していきます。

夫は新たに住むところを見つけなければなりませんし、新しい居住地の住宅費も用意しなければならなくなります。
そのため、まずなによりも経済的に支払いを継続することができるかどうかがポイントです。

離婚をしたことをすぐに銀行に伝えるのは得策ではありません

上記のケースの場合、住宅ローンの名義人は夫ですが、家に住むのは妻と子どもとなりますので、不動産の名義を変更する必要があります。
ただし、ローンの残りがある場合には不動産の抵当権は融資元の銀行にありますので、債務者の一存で不動産名義を変更することはできません

そのため、銀行に離婚したことを伝え、名義変更を依頼すればいいと考えるかもしれませんが、それは得策とは言えません。
というのも、住宅ローンを組む際に交わした契約のなかにローンの名義人が不動産に住むことを条件としているケースが少なくないからです。

銀行としても、もしローン名義人がその不動産に住んでいないのであれば、ローン返済のモチベーションが下がってしまうことを懸念するのは当然のことです。
そのため、離婚をしたことを銀行に伝えるのであれば、きちんと対策をとっておくようにしましょう。

不動産の名義変更はしばらく待つのもベター

上でご説明したように、ローン名義人である夫が家を出る場合、不動産名義を妻に変更するのはなかなか難しく、場合によっては銀行がローンの一括返済か競売をもちかけてこないとも限りません。
そこで、ローンの残債が少なくなるまで待つか、任意売却をして不動産の抵当権を解除をすることをおすすめします。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2センチュリー21

おすすめの理由
  • 任意売却にかかる費用は相談も売却も無料
  • 売却以外の相談もできる
  • 実績豊富

3住宅金融支援機構

おすすめの理由
  • 全国対応
  • 実績も豊富

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ