大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 離婚したら連帯債務者は解消される?

離婚したら連帯債務者は解消される?


bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_s

連帯責務者とは?

同一の責務に対して 独立した責任を背負う ことを連帯責務者と言います。 具体的な例を挙げると

・ 夫婦が住宅ローンを組むときに 連帯責務者 を設ける

ことが多いです。 夫婦で連帯責務者を設けた方が 借り入れが しやすいため 、マンションや一軒家を購入しやすいというメリットがあります。

 

連帯保証人との違いについて

連帯責務者と連帯保証人は同じに考えられていることもありますが、厳密には違っています。 「債務の責任が 平等にある」のが連帯責務者です。 その一方で、「連債務者が支払い不能になった時に代わりに支払いを背負う」のが 連帯保証人となっています。

 

危ないのはパートナーが離婚した時

連帯責務者を設けるのは、 住宅ローンを組む時には メリットがあるのですが、危ないのはパートナーが離婚した場合です。 離婚したとはいえ、 連帯責務者は解消できないようになっています。 どうしてかというと、連帯責務は 夫婦間での取り決めではなく、金融機関との契約だからです。 そのため、 離婚した後も購入した住宅ローンは 二人で支払わなければ なりません。 だけど、住宅ローンがたっぷり残っている場合は 非常に厄介ですよね。 そんな時には、 任意売却 という方法を検討してみてください。

 

任意売却とは?

任意売却は、住宅ローンが残っている 物件を 一番高値で売却できる方法です。 一般的な売却といえば「競売」が挙げられますが、競売は 落札価格がいまいちなので 、金融業者も喜ばない方法となっています。 しかし、任意売却なら金融業者も十分なローン回収が見込めるため 、積極的に受け入れてくれるのです。 高値で売却できれば、 連帯責務者にのしかかる残りのローンも少額になるので 、支払っていくことは決して不可能ではないでしょう。任意売却すると、

・余計な費用がかからなかったり

・引越し費用を工面してもらえたり

というメリットもあります。 離婚する時は何かとお金がかかるものです。 余計な出費を防ぐためにも 任意売却はおすすめだと言えます。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ