大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 連帯保証人にかかる迷惑

連帯保証人にかかる迷惑


連帯保証人に及ぶケースはどのようなもの?

連帯保証人というのは、住宅ローンを組んだ時にお願いする時と万一の長期延滞や破産となった場合に思い出すこととなるでしょう。
大体は親族などに保証人のお願いをすることとなりますが、これが親族でない場合にはかなり慎重でならないといけません。

任意売却にしても住宅ローンの残債を完済できた場合にはこの連帯保証人に残債の請求が及ぶことはありませんが、なかなか完済までの精算をすることが難しいことと言えます。
ここ近年の不景気によって、任意売却の取扱い件数が増えてきている傾向にあるみたいで、債務の整理を伴った不動産の売却も急増しています。
そのため、連帯保証人への請求などもあり、相談も増えているようです。

任意売却を行うにあたっては連帯保証人の同意を得る必要があって、残債に関しては請求がいくことがあることを告げて、迷惑をかける可能性を伝えなければなりません。
この件を隠して、不動産の任意売却を進めることはできませんので、署名捺印などもした上で、この手続を進めないといけません。
ただし、任意売却を取り扱うことをこれまで多くを取り扱った業者としてはそういった連帯保証人へかかる迷惑を最小限に食い止めることも視野に入れています。

連帯保証人の被害実例

もし、連帯保証人へ取り立て請求を執拗に行われた場合には、支払い能力が無い連帯保証人にも破産や差し押さえなどの執行が行われることとなります。
基本的に債務者の残債となっているので、残高は少なくてもある程度の被害がかかってしまうこととなります。

その他にもブラックリストなどの情報機関への登録もなされたりもして、クレジットカードやローンの利用なども行えないケースもあり得るのです。
本来ならば、任意売却によって上手に不動産を市場価値で捌いて、その後の暮らしを再スタートとするものなのですが、ある一定の件数では連帯保証人への大きな迷惑をかけてしまう実例があるということも知っておいてください。

実はこういった連帯保証人まで及んでしまうケースというのは任意売却を取り扱う実績に乏しい業者などが行ってしまったために起こったという事も聞きます。
そうならないためにも保証人への被害などが回避できるのかも含めて相談をしましょう。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ