大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 親子間の任意売買

親子間の任意売買


親子間取引が困難と言われる訳

任意売却の選択肢にその後の売却先というものが基本的に誰であるのかを考える余地も無いかと思います。
ある債務者の中で、どうしても手放さざるをえないことで、親子間での任意売却を行えないのかを聞くことがあります。

それは、その親子間でどうしても手放さざるをえない理由や想いというのがあったりします。
ご自身で抱え込んだ債務の関係で、今まで親子間で相談することも出来なく苦しんでいたことで、最終的に任意売却を選択することになりました。
本来ならば、それまでに親族で債務をカバーできるようなことであれば大きな問題になるまではなかったかもしれません。

実際にはそうなってしまったことで、親子間売却で取り戻すと言ったケースも無いとは言えません。
ただし、そうなってしまったことであっても通常の任意売却手続きよりも費用が割高になってしまうのです。

こういった親子間での手続きが難しいというのは金融機関でイエスが出にくいので、融資をしてくれる先が無い可能性が高いのです。
こういったケースが殆ど無いということですが、実質このケースを踏む以外にも負担の少ない手続きがあるために不自然と言われるのです。

親子間取引と同じような解決法は?

親子間での不動産の取引を任意売却を経由して売買をする行為というのはどうしても不自然さが伴うために、世間の色眼鏡で見ても道理がいかないと見られます。
もしものケースでこういった取引が可能かどうかを考えてみてもここまでの手間と費用を投じて行うには大変な困難が待ち受けています。
実用的ではありませんが、不可能では無いので、その手続に関しては一度、専門相談家に相談してみてはいかがでしょう。

こういったレアケースに至ってはその不動産の保持というのが目的にある背景であって他人ではなく、親子関係でなくとも血族の親族で取得するという手も他で行っているケースがあります。

金融機関はボランティアでは無いので、こういったケースを排除する面が強いですが、それぞれの事情を抱えた解決法は専門相談家で見いだせるかもしれません。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ