大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 自己破産を予定しているなら、任意売却を検討してみては?

自己破産を予定しているなら、任意売却を検討してみては?


ちょっと上を向いて考える若いビジネスマン

そもそも、自己破産とはどういうこと?

やむを得ない事情があるなどして、貸金業者から債務を重ねていくことで、気がついたときには返済することが難しい状況に陥るといったケースが増えています。
このような場合、裁判所が返済することが困難と認めると、その時点で抱えている債務を整理することが可能となります。
これがいわゆる自己破産という手続きです。

自己破産をすることで、借金などの債務でがんじがらめになっていた状況から抜け出すことができ、より前向きに新しい暮らしを構築していくことが可能になります。

自己破産をする際に気をつけたいこと

実際に自己破産の手続きを進めていくにあたっては、内容によって思わぬ費用が発生してしまうといったことがありますので、注意が必要です。
細かなところでは、破産の申し立てや免責の申し立てを行うにあたって必要となる収入印紙代、自己破産の申し立てを行うために裁判所に納める予納金、そしてそれに伴う切手代などです。

予納金の規模は自己破産の種類によって異なり、大きく分けると同時廃止か管財事件のどちらになるかで傾向が異なります。
同時廃止とは、手続きを行う際に処分をする対象となる資産がない場合で、予納金は2万円程度で済みます。
一方、不動産などの資産がある場合、その資産を処分する担当者をつけなければならず、より高額な予納金が設定されることになります。

ここで注意しておきたいのは、資産とは不動産等だけに限らず、賭け事などによって発生した債務がある場合には、少額管財事件として取り扱われるということです。

自己破産で任意売却を行うメリットとは?

上でご説明したように、自己破産の手続きを行う際には処分の対象となる資産がない状態に近づきたいもの。
そのため、不動産を任意売却することで余分な資産を処分することができますし、予納金などどうしても必要となる費用も用意することができます

さらに、不動産の任意売却では引越し費用を手にいれることができるというのも、大きなメリットです。
自己破産で不動産を処分する際は競売となりますので、一銭も手にいれることはできません。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ