競売までの流れ


競売に至るまでの流れはどうなっているの?

住宅ローンを何度も滞納してしまって、催告状などの指示に従えないとなると金融機関もこの先の余地も無くなってくるので、競売という段階に来てしまうとこちらの言い訳や相談も聞き入れてもらうことが出来なくなってしまう段階に至ってしまいます。

住宅ローンは当然、何十年もかけて分割で支払うことを前提にローンを組んでいるので、何度も何ヶ月も滞納をしてしまうと分割支払いの権利を失ってしまいます。
競売というのは支払い能力の無くなっている債務者からの弁済として、保証会社の代位弁済を経て、債務者に一括での返済を強く要求します。

もう弁解の余地もなく、一括での弁済が適わなければ、不動産を取り上げられ競売にかけられます。
競売となれば、市場価値と等しく価値を残すことができなくなり、不動産を買い叩かれる状況となります。

その段階となっては、もう遡ることも出来なくなって、安く売却されてそこから捻出された費用を弁済に充てられて、さらに足りなくなった分を要求されます。
ここまで来たら、債務者も何も支払う事もできないので、自己破産を申し出るしか無くなってくるのです。

競売が始まってしまったらどうなるのか?

競売開始決定の通知を受け取ることとなるのは裁判所からの一方的な通知によって全てが始まります。
もう引き返すことはほぼ出来ない段階にまで来てしまっているので、この段階から覆そうとするのは至難の業と言えましょう。

自宅を競売にかけるための調査などが裁判所の執行官が来て、いろいろな調査をすることとなります。
その後に、買い叩かれた不動産を入札期間を記した通知を受け取ることとなります。

競売の入札が自分の心配と裏腹に、市場価格よりも絶対に安い価格で落札者が応札するのです。
落札者が決まれば、もうその不動産はあなたのものではなく、他人の物となって、所有者が変更となります。

そうなった段階では一方的に告げられる退去通知の日付通りに退去に応じないといけません。
そのための引越し代はもちろん、自分で捻出しないといけません。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ