競売のデメリット


競売による自分にかかるデメリットとは

住宅ローンを滞納してしまう状況に陥った場合には、絶対に避けたいのが、競売にて不動産を失うということです。
ここまで慣れ親しんだ大切な自宅を失ってしまうほど大変なことはありませんし、もしかしたら家族までも失うことになりかねません。

よくあるのが、自宅を失うことと家族を失うことというのは後先別として、わりと起こってしまう悲惨な事といえるのです。
誰もが望んでそうしたいと思っているのではありませんが、競売となると何も考えることもできなく非情にも家を叩きだされてしまいます。

自分が何年も高いお金を毎月支払って守ってきた自宅が、突如誰かの手によって権利を剥奪されて追い出されるのです。
それも一番悲しいのが、自分の意志に反して売却された不動産が、自分の意志で売却したことよりも価格が激安になってしまうのです。

普通、その価格で不動産を手にすることはあまり無いので、この手の物件を不動産屋が待ちに待っているお宝物件になるのです。
市場よりも安価であるために、再販売するのに大きく利益を得れるために目を光らせています。

競売によって振りかかる災難とは

競売となれば、市場よりも安価で買い叩かれた上にまだ残債が残ってしまう為に残債の支払いの追い打ちをかけられてしまいます。
こうなると、不動産を失って借金もまだ残ってしまうので、住むところも失いながら、また別の住まいの家賃を支払うという二重苦に陥ります。

そこまで陥ってしまうと、今までの給料では支払いの余地が無くなってしまうので、自己破産の道しか無くなってしまいます。
できれば、自己破産は避けたいのですが、もし、家族との協力もあってやり直しをゼロからできるのであれば、別ですが、絶対避けるべきです。

自己破産によって家族が離散となったり、離婚となるケースがかなりの確率で増えているのです。
計画的かもしれませんが、妻に及ぶ残債の請求や家族への追求が及んでしまうために離婚をするというケースが少なくありません。

そうならないためにも競売というのは絶対に避けなければならない大きなデメリットしかないシステムなのです。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ