大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 競売と任意売却の違いとは?

競売と任意売却の違いとは?


法的な手続きがどうかが異なります

まず、競売とは法的な手続きであるのに対し、任意手続きはあくまでも債務者の自主的な手続きです。
そのため、競売は裁判所での公告や立ち入り調査、そして裁判所への出頭通知がありますが、任意売却ではもちろん公告はされませんし、立ち入り調査や出頭通知もありません。

情報がオープンになるかどうかという点において競売と任意売却は大きな違いがあり、精神的な面で任意売却はとても気楽だというメリットがあります。
つまり、競売はマイホームを奪われるといった印象がありますが、任意売却はあくまでも自主的な売却というイメージです。

銀行などの金融機関の対応も異なります

住宅ローンの融資元である銀行などの金融機関の対応にも違いがあります。
競売となるとどうしても悪い印象を持たれがちで、交渉なども自分で行わなければなりませんし、最終的な解決までにある程度長い時間を想定しておかなければなりません。

一方、任意売却の場合は競売に比べて金融機関の対応も良く、新たなオーナーや金融機関との交渉事も任意売却を専門に担当している業者に任せることが可能です。
スムーズに手続きが進めば売却までの期間もより短くすませることもできます。

もちろん、売却価格も大きく違います

競売にせよ任意売却にせよ、債務者がもっとも気になるのは、自分のマイホームがいったいいくらで売却できるのかということ。
その点において、競売の場合は相場の5割から6割であるのに対し、任意売却では9割程度とまったく違います。

しかも、競売であれば引っ越し代はすべて自分で負担しなければなりませんが、任意売却の場合には新しいオーナーと交渉して確保することもできます
物件の明け渡しのタイミングも競売では強制的に決められるのに対し、任意売却はすべて交渉で決めていきますので、無理なく計画を立てられるメリットがあります。

このように、競売と任意売却とでは、さまざまな点において異なるのです。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2センチュリー21

おすすめの理由
  • 任意売却にかかる費用は相談も売却も無料
  • 売却以外の相談もできる
  • 実績豊富

3住宅金融支援機構

おすすめの理由
  • 全国対応
  • 実績も豊富

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ