大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 競売との違い

競売との違い


競売によるデメリット

住宅を手放すことになった場合に、避けて通りたいのが競売による住宅の売却になります。
競売になるとこちらの希望価格で不動産を売却をすることが適わなく、とてつもなく市場の価格よりも安価で売却となります。

この競売となることで、不動産所有者にとっては競売物件という価値設定になるので、市場と同等の価値を失います。
その市場価値と同等の価値を失ってしまうことで、購入者にとってもデメリットと捉えがちですが、住むことでの機能面は全く失っていないので、市場価格よりも安価で購入をすることが出来るので、購入者メリットにおいては大きいとも言われます。

この競売というのは、所有者にとっては本当に追い込まれた時の最終手段で、自分の本意となる売却手段ではありませんので、避けるべき絶対事項です。

不動産屋から見る競売のポイント

競売物件という一旦、名称がついた不動産は取引においては安くて取り扱える優良物件と捉えることがどうしても難しいようです。
次の購入者がその物件を取得して居住してからの新しい生活が始まるのですが、実際にはご近所との付き合いや社会的な関係性を阻害する可能性があるようです。

それというのも、元々の競売となる全所有者の生活と言うのが、借金の他重苦を抱えて泣く泣く売却となるのですから、そこに至るまでの生活の荒廃がご近所でも解ってしまうことが多いようです。
いくら入居者が変わったとしても、ご近所さんは変わらないものですから、新たに安く買い求めて入居となった新所有者もそこのローカル社会に馴染むのも苦労する可能性があるようです。

全てが、そのようにうまくいかないことでもありませんが、競売物件を購入して、すぐに賃貸や再売却などを行ってしまうというケースも少なくは無いそうです。

不動産業界の者から見れば、土地家屋などの機能的な面は申し分なくても、社会的な価値が下がってしまうので、出来ればそういった物件を積極的に避ける傾向にあるようです。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2グランソレイユ

おすすめの理由
                 
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  •                    
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ