大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 競売との違い

競売との違い


競売によるデメリット

住宅を手放すことになった場合に、避けて通りたいのが競売による住宅の売却になります。
競売になるとこちらの希望価格で不動産を売却をすることが適わなく、とてつもなく市場の価格よりも安価で売却となります。

この競売となることで、不動産所有者にとっては競売物件という価値設定になるので、市場と同等の価値を失います。
その市場価値と同等の価値を失ってしまうことで、購入者にとってもデメリットと捉えがちですが、住むことでの機能面は全く失っていないので、市場価格よりも安価で購入をすることが出来るので、購入者メリットにおいては大きいとも言われます。

この競売というのは、所有者にとっては本当に追い込まれた時の最終手段で、自分の本意となる売却手段ではありませんので、避けるべき絶対事項です。

不動産屋から見る競売のポイント

競売物件という一旦、名称がついた不動産は取引においては安くて取り扱える優良物件と捉えることがどうしても難しいようです。
次の購入者がその物件を取得して居住してからの新しい生活が始まるのですが、実際にはご近所との付き合いや社会的な関係性を阻害する可能性があるようです。

それというのも、元々の競売となる全所有者の生活と言うのが、借金の他重苦を抱えて泣く泣く売却となるのですから、そこに至るまでの生活の荒廃がご近所でも解ってしまうことが多いようです。
いくら入居者が変わったとしても、ご近所さんは変わらないものですから、新たに安く買い求めて入居となった新所有者もそこのローカル社会に馴染むのも苦労する可能性があるようです。

全てが、そのようにうまくいかないことでもありませんが、競売物件を購入して、すぐに賃貸や再売却などを行ってしまうというケースも少なくは無いそうです。

不動産業界の者から見れば、土地家屋などの機能的な面は申し分なくても、社会的な価値が下がってしまうので、出来ればそういった物件を積極的に避ける傾向にあるようです。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ