大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 督促状がきてしまったら?

督促状がきてしまったら?


督促状通知を受け取ってしまった場合

住宅ローンの支払いを順調に継続している間は良いのですが、万が一、支払い継続が困難となった場合があったとします。
その際には借りている銀行からの住宅ローンの支払いを促すよう督促状が送られてきます。

銀行などの金融機関となれば、ヤミ金みたいに怖い督促というのは無いので事務的に督促状があなたの下に届きます。
この場合にはいつも決まっている期日での引き落としが出来なかったために再度、日にちを指定して引き落としを行うために指定金額の入金をしておくことを通知します。
ここで、再度、引き落としを行えなかった場合には、金融機関の指定する口座に振込が促される通知を受け取ることになります。
ここまで行くと、金融機関からの信用情報に記録されたり、振り込むにしても手数料がかかるために、不利な状況を作ってしまいます。

ここまでの状況というのは、一度くらいは避けられない状況でしてしまったことはあるかもしれません。
しかし、これ以上、金融機関の手を煩わしてしまうと、担保している不動産の差し押さえなどを実行する権利があるので、履行されてしまう怖れが出てきます。

督促状通知の対処の仕方

もし、住宅ローンの支払いが困難となってしまい督促状を受け取ってしまったら、なんとかやりくりして期日までの支払いを乗り切る必要があります。
督促状は税金を滞納していたら、よく送られてくる通知ですので、同じように滞納をしてしまい甘い考えで放置する人も居ないわけではありません。

しかし、不動産取得でお金を貸してくれた銀行などの金融機関では、なんとか現在の金利や元本を取り戻すために再三通知をするでしょう。
その数度で済んでいる督促状であれば、まだまだ軽度な状況で銀行は事務的に支払い督促を通知して来ます。

ところが、その数度の督促状を放置して強制的に債務の回収を執行されることとなる前には、一度、借りている銀行に相談してみることもひとつの手でしょう。
銀行は債務者がお金をなんとしても支払いたいという意志を持っていれば、相談に応じてくれる余地があります。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ