大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 滞納した場合どうなる?

滞納した場合どうなる?


滞納するとブラックリストに載るのか?

今まで順調に住宅ローンを支払うことが出来ていたが、とある事情にて毎月の支払いがうまく行かなくなってしまったというのは結構誰にでもあるそうです。
住宅ローンや毎月の家賃というのは適正基準というのは収入の1/3程度が適正の支払基準だそうですが、実際には若い人の無理くりな住宅ローンを組んでいるという事情があるようです。

住宅ローンの支払いを滞納してしまうと、最初の場合はローンを組んでいる金融機関より指定口座の入金を督促する通知が届きます。
大体はこの程度の督促状を何回かは誰もが受け取ったことはあるとは思いますが、金融機関によっては入金の督促連絡もあるかもしれません。

ここまでの段階であれば、指定日までに再度入金をして振替えをしてもらえれば、ブラックリストに載ることは無いかと思います。
ただし、厳密な審査を行っている金融機関はこういった引き落としも滞ってしまった者への信用情報をストックしているかもしれません。

それというのも、住宅ローンを組む際には金融機関より給与振込口座としてお願いされるので、給料を預ける口座で住宅ローンの引き落としがうまくいかない場合には、何か事情があるのだと推察されてしまいます。

もしかしたら、こういった時に同じ金融機関でカードローンや別のローンを組むことが厳しくなってしまうこともあり得ますので、極力滞納はしないようにしましょう。

何度も滞納するとどうなるのか?

一度、二度と滞納した場合には、銀行などの金融機関では催告状を支払者に発送するように動きます。
催告状というのは重要書類として書留などの普通郵便ではない特別な形で発送されるでしょう。

そうなれば、受け取ってしまえば、逃げることのできない支払いの厳正な赤札をもらったということになります。
その通知通りに支払いを避けて滞納してしまえば、銀行も黙ってはいませんので、法的処置などを取ることとなります。

ここまでくれば、督促の手段が荒くなってきますので、会社への連絡もあったり一方的に差し止めや競売などの処置として担保に取られている不動産を確保しに来ても不思議ではありません。
こうなると、言い逃れも出来ないので、もし、猶予をもらいたいことや相談を考えているのであれば、最初の督促の段階で行いましょう。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ