業者選び


任意売却を決断した今からすること

長年慣れ親しんだ不動産物件を手放す決断をしたのなら、まず最優先してすることは取扱業者を選ぶことです。
個人でも任意売却を進めることはできますが、この業界の専門的な仕事に就いているならまだしも、そうでなければ専門家に任せることをお勧めします。

私の知人でも任意売却に掛かる手続きの経費などの節約を考えて、個人で行動しようと思ったが、債権者が全く取り合ってくれなかったそうです。
基本的に債権者も専門知識を有しているので、素人の個人で立ち向かうなどは考えない方が良いでしょう。

それと言うのも、債権者はそんな暇があったら一秒でも仕事に専念して返済をしろと迫ってきます。
また、債権者に対する心象があまりにも良くならないと言われています。

この業界の手続というのは、弁護士ではありませんが専門家としてのルールや習わしというのもあるので、私達が無知なまま入り込むものではありません。
専門家は事務所によりますが、この専門的なケースの案件を年間数百件取り扱っています。
従って、時間もそうですが、より売却を円滑に進めるための成功法を心得ていますので、任せるのが肝心です。

優良な業者のポイント

任意売却を取り扱う業者というのは、不動産の売買に関する資格の宅建資格を持っている者が土地建物の売却の手続きを行います。
しかし、任意売却というのは土地建物の売却だけでなく、債権者との法的手続きや裁判などに絡むもっと奥深い知識や経験が必要となります。

従って、次のポイントが優良な業者を選定する重要な決め手となってきます。
①債権者や法的に関する交渉や手続きの実績がしっかりあること
②借金に関する問題を含めて最後まで解決に導いてくれる手段を講じてくれる
③依頼者のみならず保証人も含めてトラブルが生じぬよう手続きを行える
④依頼者の今後の生活を見据えてスタートを切れるようバックアップを行える
⑤金融機関との取引・交渉に関して実績を積んでいる

といった点がまず踏まえる重要なポイントと言えるでしょう。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ