支払いが苦しい場合


住宅ローンの支払いが困難となる原因

住宅ローンの支払いを毎月安定して行っている時は良いのですが、不景気の煽りを食らってボーナスだけでなく、月給も削減された人も数知れず。
そうなると、一気に住宅ローンの支払いが履行できなくなって、生活費までもが捻出できなくなってしまうケースが割りと多いのです。

住宅ローンと言うのは、最初は若い世代でも不動産を取得出来やすいように優遇措置がたくさん施されています。
しかし、よく支払いが困難となってしまうのが、20代の若くして住宅を購入して優遇措置が働いて少しゆとりを持ちます。

しかし、30~50代に入ると、ここから支払いに関しての能力の差が大きく変わってくる世代と言われます。
それと言うのも会社での中堅や管理職などに出世する人とそうでない人に分かれてしまいます。

どうしても出世する人と、そうでない人の割合というのは1:9という大きな割合で出世組になれないと言うことです。
そうなると、どうしても住宅ローンの支払いも困難となり、絶対的な比率で支払い困難な人が世の中でたくさん増えて来るのです。

全てが世の中のせいではありませんが、実質、支払いが苦しい人と言うのが日本全国でも年間に何万人と増えているようです。
そんな方が住宅ローンを見直したり、整理する任意売却を選択する人が増えてきているのです。

住宅ローンの支払い困難となった場合にすること

突如、給料カットをされたり、働いている会社をリストラに遭ったりしたら、その時からの住宅ローンの支払いとかはどうしますか?
生活に関しては節約とか切り詰めたりもして、その場をしのぐことは出来てもローンの支払いを滞納してしまうと金融機関から督促が来ます。

このローンの支払いを一度や二度くらいは滞らせても良いと思っている人結構多いかと思いますが、住宅ローンというのは滞納すると借りている銀行からの心象が本当に悪くなりますので、出来る限り避けなければなりません。

根本的に毎月の支払いにSOSを出したいこととなれば、滞納やローン借り換えで急場を凌ぐというのは難しく、精算することを考える方が生活の安定を取り戻すことが出来る可能性があるので、相談することをお勧めします。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ