大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 固定資産税を滞納した際の売買について

固定資産税を滞納した際の売買について


gatag-00011775

固定資産税とは?

不動産を所有していると、必ず税金が付いて回ります。その最たる例が固定資産税です。 固定資産税は、マンションや一戸建て、土地に課せられる税金のことで、 地方自治体によって 回収されます。 国に回収されているわけではないのです。固定資産税は一度支払えばいいというものではなく、毎年支払う必要があります。 固定資産税は、1月1日にいくら払うのか決定されます。

固定資産税を滞納してしまう人がいる

固定資産税は 決して安いものではないため、支払きれなくて滞納してしまう人もいます。 多少の滞納ならまだしも、滞納が長引いてしまうと「 もう絶対払えない!」と言う人も出てくるのです。 そんな時には 不動産を売買してしまう人もいます。 だけど、ここで気になるのは 「固定資産税を滞納していても売買はできるのか?」と言う疑問です。

固定資産税を滞納していても売買することは可能

結論から言うと、固定資産税を滞納していても売買することは可能です。 しかし、売買したとしても 固定資産税はちゃんと払わなければなりません。 では、売買した際の固定資産税は 売主と買主のどちらが支払うのでしょうか? 実は、この辺りには法律による厳格な決まりはありません。「 日割り計算によって 売主と買主が平等に負担する」というのが習慣になっています。 だけど、売主が全額負担する場合がありますし、飼い主が全額負担する場合もあるので、ケースバイケースなのです。

売買するならに売却がおすすめ

もし売買するのであれば、任意売却を選択した方が良いでしょう。 任意売却はローンの支払いが残っている住宅でも、まあまあ高値で売買することができます。 固定資産税を滞納するような人はローンの支払いも滞納をしていることがあるので、 任意売却した方が傷が浅く済むのです。 任意売却して残ったローンは 支払う必要がありますが 、どうしても支払えない場合は自己破産する 人もいます。 そうすれば残りのローンはチャラです。でも気を付けなければいけないのは、「滞納した固定資産税はチャラにはならない」ということ。 税金は、自己破産しても免除されないことになっているので気をつけましょう。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ