大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 催告書がきてしまったら?

催告書がきてしまったら?


9258f936595f11e5a8e5851081290717_s

督促状と催告書の違い

住宅ローンの支払いを滞った際に届く通知が督促状で、「○月○日に再度引き落としになるので、入金をお願いします」と言ったお願いの文書となります。
この段階であれば、たまたまの口座への入金忘れなどといった偶発的なケースということもあって、許されることでしょう。
その通知の期日までに口座に引き落とされる金額をきちんと入金して引き落としが履行されるようにしましょう。

しかし、催告書というのは督促状と違って、一刻の猶予も許されない厳しい通達と言えるでしょう。
出来れば、人生のうちでこのような通知を受け取ることが絶対にないようにしないといけません。

お金を借りている先の銀行にこの通知を発行させてしまうと、今後の融資や何らかの手続において不利になるので絶対に避けるべきものなのです。
とはいえ、このような状況下に置かれるというのは大変苦しい状況であり、ここまで来るまでには一度、金融機関への相談をした方が良いかもしれません。
「○月○日までに支払いなき場合には法的措置を取らせていただきます」と言ったかなり大変強い口調の文面となります。

もしあなたの下に催告書が届いてしまったら?

もし、あなたの下に催告書が届くようになったとしたら、一刻の猶予もなく財産の差し押さえとして、不動産の競売などを実行する怖れがあります。
そうなると、なんとか身内に借金をしてでも回避しようとしたことも意味を無さなく、不動産を買い叩かれてしまい破産に追い込まれることとなります。

本来ならば、少しでも猶予のあった時期から、支払い方法の相談やローンの減額などの相談に乗ってもらえる余地もあったかもしれません。
催告状を銀行が発行せざるを得ない状況というのは、債務者が支払う意志が無しとみなされてもおかしくはない状況であり、一刻も早く債権の回収に手を打たなくてはならない状況と判断をしたということになります。

なかなか催告書というものは銀行内での決裁も厳しく、発行するには法的処置などの強硬な手段となります。
これまでお客さまと扱われた人も債務者として悪いレッテルを貼られ、お客さまとしての扱いも無くなると思ってください。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ