大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 住宅ローンを滞納!銀行から催促状が届いたらどうする?

住宅ローンを滞納!銀行から催促状が届いたらどうする?


住宅ローンをどれくらい滞納したら催促状が届くの?

念願のマイホームを手に入れるために借り入れた住宅ローン。
これから送られるであろうマイホームでの充実した日々のことを思うと、毎月きちんと支払いをしたいもの。
ところが、さまざまな事情で月々の支払ができないといったことが起こらないとは限りません。

では、住宅ローンの支払いがどのくらい滞納したときに催促状が届くのでしょうか?
一般的には、1か月から2か月程度支払いが滞納した時点で、銀行などの融資元の金融機関から催促状が送られてきます。

催促状が送られてきたら、すぐに大変なことになるんじゃないの?

催促状が届いた段階では、すぐにマイホームが競売にかけられるといったことはありません。
催促状には、滞納している住宅ローンを含めてきちんと支払うこと、さもなければ住宅ローンの残債を一括で支払う必要が出てくる、といった内容が書かれています。

これは予告状であり、もちろんすぐに滞納分を支払えればいいのですが、もしそのまま放置しておくと、滞納期間が3か月から6か月あたりになると、最終通告が送られてきます。
そこには、上記に書かれていた内容についての履行がなされなかったため、一括支払いを行わないのであれば物件の抵当権を実行することでその費用をまかなう、といった内容が書かれます。

つまり、せっかく手に入れたマイホームが競売にかけられてしまうのです。

どうしても滞納金が払えない… どうしたらいい?

最終通告が届いた時点でも支払いができないということであれば、最悪の場合自宅が競売にかけられてしまいます。
競売にかけられると、相場よりも大幅に安い金額で落札されることがほとんどですし、引っ越しに関する費用などを手に入れることもできません。
まさに、着の身着のままで自宅を明け渡さなければならないのです。

そういったことを回避したいのであれば、任意売却を検討してみましょう。
任意売却であれば、近隣の住宅購入相場で売却をすることができますし、引っ越し費用を捻出することもできます。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2センチュリー21

おすすめの理由
  • 任意売却にかかる費用は相談も売却も無料
  • 売却以外の相談もできる
  • 実績豊富

3住宅金融支援機構

おすすめの理由
  • 全国対応
  • 実績も豊富

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ