大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 住宅ローンを滞納!銀行から催促状が届いたらどうする?

住宅ローンを滞納!銀行から催促状が届いたらどうする?


Dollarphotoclub_89807362

住宅ローンをどれくらい滞納したら催促状が届くの?

念願のマイホームを手に入れるために借り入れた住宅ローン。
これから送られるであろうマイホームでの充実した日々のことを思うと、毎月きちんと支払いをしたいもの。
ところが、さまざまな事情で月々の支払ができないといったことが起こらないとは限りません。

では、住宅ローンの支払いがどのくらい滞納したときに催促状が届くのでしょうか?
一般的には、1か月から2か月程度支払いが滞納した時点で、銀行などの融資元の金融機関から催促状が送られてきます。

催促状が送られてきたら、すぐに大変なことになるんじゃないの?

催促状が届いた段階では、すぐにマイホームが競売にかけられるといったことはありません。
催促状には、滞納している住宅ローンを含めてきちんと支払うこと、さもなければ住宅ローンの残債を一括で支払う必要が出てくる、といった内容が書かれています。

これは予告状であり、もちろんすぐに滞納分を支払えればいいのですが、もしそのまま放置しておくと、滞納期間が3か月から6か月あたりになると、最終通告が送られてきます。
そこには、上記に書かれていた内容についての履行がなされなかったため、一括支払いを行わないのであれば物件の抵当権を実行することでその費用をまかなう、といった内容が書かれます。

つまり、せっかく手に入れたマイホームが競売にかけられてしまうのです。

どうしても滞納金が払えない… どうしたらいい?

最終通告が届いた時点でも支払いができないということであれば、最悪の場合自宅が競売にかけられてしまいます。
競売にかけられると、相場よりも大幅に安い金額で落札されることがほとんどですし、引っ越しに関する費用などを手に入れることもできません。
まさに、着の身着のままで自宅を明け渡さなければならないのです。

そういったことを回避したいのであれば、任意売却を検討してみましょう。
任意売却であれば、近隣の住宅購入相場で売却をすることができますし、引っ越し費用を捻出することもできます。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ