大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 住宅ローンの連帯保証人 夫婦間でのケースで気をつけたいこと

住宅ローンの連帯保証人 夫婦間でのケースで気をつけたいこと


zutsuu

夫婦で連帯保証人になるケース よくあります

マイホームの住宅ローンを組む場合、夫がローンの申し込みを行って、妻が連帯保証人になるというのは、よくあるケースです。

連帯保証人というのは、申し込み人である夫がメインの債務者となりますが、もし夫になにかあって毎月の住宅ローン返済ができなくなった場合に、代理で夫の代わりにローンを支払う義務がある人物、ということです。

つまり、夫が突然病気にかかったり、交通事故に巻き込まれたりなどのトラブルによって支払いができなくなったとしたら、連帯保証人である妻にローン返済の義務が発生するのです。

連帯保証人にはどんな特徴があるか知っておこう

連帯保証人には、催告の抗弁権・検索の抗弁権・分別の利益がないとされています。
わかりにくい表現なので簡単にご説明すると、連帯保証人に返済を要求するかどうかは債務者の意思で決定でき、連帯保証人は返済額を減額してもらったり、拒否したりすることはできないということ。

つまり、一度ローンの返済を要求されると、その通りに支払いをしなければなりません。

連帯保証人からはずしてもらうことは可能?

では、夫がメインの債務者で妻が連帯保証人である場合、妻は連帯保証人からはずれることはできるのでしょうか。

連帯保証人からはずすことを認めるのは、住宅ローンを融資している銀行などの金融機関のみです。
そのため、まずは融資元の金融機関の担当者と交渉をすすめていかなければなりません

ただし、夫婦が離婚したことによって連帯保証人からはずしてもらいたいといった要望の場合、金融機関はなかなか認めてくれないのが一般的です。
多くの場合においては、新しい連帯保証人を用意したうえで交渉をすることでなんとか認めてもらえますが、新しい連帯保証人を探すこと自体が簡単なことではありません。

後々のトラブルにもなりかねませんので、夫婦で連帯保証人になる場合は、できる限り慎重に行うのに越したことはありません。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ