大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 住宅ローンの返済を3ヶ月滞納すると、こうなります!

住宅ローンの返済を3ヶ月滞納すると、こうなります!


N934_udegumishitekatawoorosubiz_TP_V

住宅ローンを2ヶ月滞納すると…?

住宅ローンの返済は計画的に行っている方がほとんどだと思います。
ところが、昨今の経済状況によって、収入が大幅に減ってしまうことで住宅ローンを返済できなくなるといった方が増えています。

1ヶ月延滞した場合には特に何も起こりませんが、2ヶ月続いて返済を滞納してしまった場合には、ローンを融資してくれた銀行などの金融機関から、通知が届きます。
この通知は「代位弁済手続き開始の予告」と呼ばれるもので、そこには次のような内容が記されています。

・このまま住宅ローンの返済が滞納してしまうことで、ローンの残金を一括で返済しなければならなくなります。
・住宅ローンの一括返済ができない場合には、不動産を競売にかけることになります。

続いて、住宅ローンを3ヶ月滞納すると…?

住宅ローンを2ヶ月滞納することで、上にご説明したような代位弁済手続きの予告が届きます。
そして3ヶ月目にも返済することができない場合には、今度は「代位弁済手続き開始」といった通知が届くことになります。

つまり、2ヶ月の滞納で通知されたような一括返済を行うように求められるとともに、それができないのであれば物件を競売にかけるといった内容です。
競売にかけられることでローンの残金は減ることになりますが、もし残金が残った場合、一括で支払わなければなりません。

しかも、競売手続きの場合は新たな不動産への引越し費用は出ません

競売をどうしても避けたい!どうすれば?

競売にかけられることだけは避けたいのでしたら、任意売却を検討してみましょう。
任意売却の手続きでは一般的な物件の売買と同じような手順となりますので、競売のように相場よりも大幅に安く売却されるといったことはありません。

さらに、任意売却の場合には引越し費用を得ることができますので、よりスムーズに新しい生活にシフトしていくことが可能です。
売却後に残債が残った場合でも、そのときの経済状況に応じて分割での返済とすることも可能ですので、さまざまなメリットがあることがわかります。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ