住宅ローンの見直し


住宅ローンを見直すタイミング

住宅ローンが以下のように支払いが困難となった場合に考えられる手段はどのように取りますでしょうか?
次のように、現在の状況が当てはまることがあれば、住宅ローンの見直しなどを計画するようになるかと思います。

①住宅ローンを滞納して、支払い督促の通知が来た
②住宅ローンを支払うために他から借金して自転車操業を繰り返している
③住宅ローンを支払うためにカードローンなどを利用したりして支払いに回している
④住宅ローン支払いの割合をボーナス支払いにも充てているが、賞与が無くなり支払えない

上記のような毎月の住宅ローンの支払いやボーナス割当も行っている人で、特に陥りやすい困難な状況例がこのようになります。
実際にここまで来ると、再度、円滑に支払いを行えるサイクルに戻すことは大変困難となり、通常の良好なサイクルに戻ることは皆無と言えます。

そうなってからでは遅いのですが、実際には住宅ローンを組むことを見直しをしなければなりません。
見直しを上手く実行させるためには借り換えなどの手続きを行って毎月の支払いを軽減させることが大事です。

住宅ローンの見直しだけで生活が安定するのか?

住宅ローンを見直す人で、ボーナス充当をしている人でよくあるのが、会社の業績などの都合で賞与が無くなってしまうことです。
そうなると、ボーナス充当の費用を捻出することが大変困難となり、一気に債務不履行となって競売までの超特急となってしまうケースが少なくありません。

そうならないためにもなんとか取得した不動産を維持するために、住宅ローンの見直しの手続きを行って毎月の支払を軽減することも重要ですが、実際にはその手続きもかなりお金を用意したり、大幅にローン支払いが楽になると言い切れない事が多いのです。

この不景気の中で、どこの金融機関も金利は底値となっているので、現在の利率から大きく変わることは望めません。
そこまで苦労して不動産にしがみつくことが本当に大事な事でしょうか?
できれば、健全な状態に戻ってからの再出発で再び落ち着いた安定の生活を任意売却で取り戻したケースが多いと聞きます。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ