住宅ローンの見直し


住宅ローンを見直すタイミング

住宅ローンが以下のように支払いが困難となった場合に考えられる手段はどのように取りますでしょうか?
次のように、現在の状況が当てはまることがあれば、住宅ローンの見直しなどを計画するようになるかと思います。

①住宅ローンを滞納して、支払い督促の通知が来た
②住宅ローンを支払うために他から借金して自転車操業を繰り返している
③住宅ローンを支払うためにカードローンなどを利用したりして支払いに回している
④住宅ローン支払いの割合をボーナス支払いにも充てているが、賞与が無くなり支払えない

上記のような毎月の住宅ローンの支払いやボーナス割当も行っている人で、特に陥りやすい困難な状況例がこのようになります。
実際にここまで来ると、再度、円滑に支払いを行えるサイクルに戻すことは大変困難となり、通常の良好なサイクルに戻ることは皆無と言えます。

そうなってからでは遅いのですが、実際には住宅ローンを組むことを見直しをしなければなりません。
見直しを上手く実行させるためには借り換えなどの手続きを行って毎月の支払いを軽減させることが大事です。

住宅ローンの見直しだけで生活が安定するのか?

住宅ローンを見直す人で、ボーナス充当をしている人でよくあるのが、会社の業績などの都合で賞与が無くなってしまうことです。
そうなると、ボーナス充当の費用を捻出することが大変困難となり、一気に債務不履行となって競売までの超特急となってしまうケースが少なくありません。

そうならないためにもなんとか取得した不動産を維持するために、住宅ローンの見直しの手続きを行って毎月の支払を軽減することも重要ですが、実際にはその手続きもかなりお金を用意したり、大幅にローン支払いが楽になると言い切れない事が多いのです。

この不景気の中で、どこの金融機関も金利は底値となっているので、現在の利率から大きく変わることは望めません。
そこまで苦労して不動産にしがみつくことが本当に大事な事でしょうか?
できれば、健全な状態に戻ってからの再出発で再び落ち着いた安定の生活を任意売却で取り戻したケースが多いと聞きます。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2センチュリー21

おすすめの理由
  • 任意売却にかかる費用は相談も売却も無料
  • 売却以外の相談もできる
  • 実績豊富

3住宅金融支援機構

おすすめの理由
  • 全国対応
  • 実績も豊富

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ