大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 住宅ローンのリスケ、金融機関に相談できるの?

住宅ローンのリスケ、金融機関に相談できるの?


まずは、計画的なローンを組むことが大切

マイホームの購入は、人生で一番高価な買い物と言われます。
それはその通りで、マイホームを購入するひとのほとんどが、銀行などの金融機関に相談して何十年という住宅ローンを組んでいます。

住宅ローンを組むときには、無理をしすぎないということが大切です。
金利を気にしてできるだけ早く返済をしようと、毎月の返済額を高めに設定したり、ボーナス払いを多くしたりなどの設定をするひとが少なくありません

ところが、数十年という長い人生のなかでコツコツと返済していくものですので、その途上でどういったことがあるかはわかりません。
いま勤めている会社がずっと営業しているという保証はありませんし、いまの給与水準からダウンしないという保証もありません。

収入源に大きなマイナス要素が働いた際であっても確実に返済を続けていけるように、いざというときのアクションプランを検討しておくことが欠かせません。

いざというときになったら、返済のリスケジュールを相談

住宅ローンを融資している銀行などの金融機関は、商売の一環として融資を実施しています。
数か月の滞納をすることで残債の一括返済を要求してきたり、さもなければ抵当権を行使してマイホームを競売にかけるのも、仕方のないことです。

つまり、彼らとしては融資した資金を回収することが仕事ですので、もし現状の支払い計画での返済が厳しいと判断されたら、まずはリスケジュール(リスケ)を相談してみてください
債務者に返済することへの強い意志があると感じられれば、金融機関の担当者も柔軟にリスケに対応してくれます。

具体的には、ある程度の期間を定めたうえで毎月の返済額を減額してもらったり、ボーナス払いを取りやめてしまったり、あるいは返済期間を延長してもらったりなどの措置をとります。
リスケの相談をする際には、債務者本人でもいいですし、もし難しいと感じたら弁護士などの専門家に頼むことをおすすめします。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2グランソレイユ

おすすめの理由
                 
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  •                    
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ