大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 住宅ローンのリスケ、金融機関に相談できるの?

住宅ローンのリスケ、金融機関に相談できるの?


Dollarphotoclub_80968901

まずは、計画的なローンを組むことが大切

マイホームの購入は、人生で一番高価な買い物と言われます。
それはその通りで、マイホームを購入するひとのほとんどが、銀行などの金融機関に相談して何十年という住宅ローンを組んでいます。

住宅ローンを組むときには、無理をしすぎないということが大切です。
金利を気にしてできるだけ早く返済をしようと、毎月の返済額を高めに設定したり、ボーナス払いを多くしたりなどの設定をするひとが少なくありません

ところが、数十年という長い人生のなかでコツコツと返済していくものですので、その途上でどういったことがあるかはわかりません。
いま勤めている会社がずっと営業しているという保証はありませんし、いまの給与水準からダウンしないという保証もありません。

収入源に大きなマイナス要素が働いた際であっても確実に返済を続けていけるように、いざというときのアクションプランを検討しておくことが欠かせません。

いざというときになったら、返済のリスケジュールを相談

住宅ローンを融資している銀行などの金融機関は、商売の一環として融資を実施しています。
数か月の滞納をすることで残債の一括返済を要求してきたり、さもなければ抵当権を行使してマイホームを競売にかけるのも、仕方のないことです。

つまり、彼らとしては融資した資金を回収することが仕事ですので、もし現状の支払い計画での返済が厳しいと判断されたら、まずはリスケジュール(リスケ)を相談してみてください
債務者に返済することへの強い意志があると感じられれば、金融機関の担当者も柔軟にリスケに対応してくれます。

具体的には、ある程度の期間を定めたうえで毎月の返済額を減額してもらったり、ボーナス払いを取りやめてしまったり、あるいは返済期間を延長してもらったりなどの措置をとります。
リスケの相談をする際には、債務者本人でもいいですし、もし難しいと感じたら弁護士などの専門家に頼むことをおすすめします。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ