大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 任意売却後の残債

任意売却後の残債


売却後における残債の処理の進め方

競売を避けることがうまくいって、任意売却の手続きが進んだら売却された不動産の精算が成されます。
例えば、住宅ローンの残高が2,000万円あったとして、任意売却で得た売却益からの経費を差し引いた利益が1,500万円あったとします。

その1,500万円を債務に充てますので、残り500万円の残債がありますので、こちらを返済する必要があります。
残債に関しては通常は一括で返済するのが基本ではありますが、そんな状況で一括で返済する能力はもちろんあるはずはないのです。
そうすると、ここで任意売却の専門家は後の生活を軌道に乗せるためのフォローとして、残債の支払いを月々の負担なく分割支払いを承認してもらえるよう交渉を進めてくれることができます。

もっと可能性的な余地や任意売却に関して実績のある業者は債権減額の交渉にあたることも本件の仕事のひとつして実行してくれるところもあります。
ある程度の売却で返済に充てられた点はありますが、債権者は全額回収が基本なのですが、不動産を失い新たな生活を始める者に支払い能力が残っていないことも知っています。

そこで、債権者は少しでも継続して回収の余地があれば、そこにすがりつきますので、プロの交渉専門家であれば減額および分割支払いに関しての可能性を見出してくれます。

自己破産を避けた残債処理の進め方

本来ならば、不動産を売却して文無しとなったところで追い打ちを受けて支払うといった事は難しいのですが、債権者に対しての誠意とお詫びでもきちんと継続して支払いを進めないといけません。
もし、ここで諦めを見せれば自己破産の道を歩むこととなりますので、不動産売却をしてもあまりにも多くの残債が生じた場合には最悪のケースとしてそれもあり得ます。

しかし、自己破産は最終的な手段であり、極力、次の生活を安定したものに乗せるためには残債の誠意を持って任意売却の専門家に任せて、負担の少ない支払い交渉に臨むことをお願いしましょう。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ