大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 任意売却を行ったあとの残債はどう支払う?

任意売却を行ったあとの残債はどう支払う?


Dollarphotoclub_90968019

任意売却の仕組みをおさらいしておきましょう

住宅ローンの滞納が続き、どうしてもローンの支払いを続けていくことができないと、最悪のケースでは自宅を競売にかけられることになってしまいます。
ところが、任意売却という手段をとることで、競売を避けることができます。

任意売却ではまず、住宅ローンを保証している保証会社や債権回収会社がローンの残りを融資元の金融機関に一括返済をします。
このことを代位弁済といい、その時点で融資元の金融機関ではローンを完済したことになります。

続いて、自宅を売却することで手に入れた資金をもとに、保証会社あるいは債務回収会社が代位弁済した分の返済に充当します。
その際、売却金額が返済額に満たない場合は、残債として残ってしまうのです。

残債は一括返済しないとダメ?

答えはノーです。
住宅ローンの返済が滞納していた時点では、銀行などの融資元から残債の一括返済を迫られるといったことがありますが、任意売却後の残債については事情がちょっと異なります。

というのも、代位弁済を実施した保証会社や債権回収会社において、債務者の経済事情はよく分かっているからであり、そもそも残債を一括返済できると考えていないからです。
そこで、債務者の経済状況をきちんと把握し、適切なヒアリングを行いながら、毎月いくらだったら確実に返済をすることができるのかを決めていきます

つまり、毎月1万円しか払えないということであれば、毎月の返済額は1万円に設定される、ということ。
返済できる範囲での返済となりますので、それまでに比べると精神的にとても楽になりますね。

任意売却後の残債の返済が柔軟な理由

毎月1万円からの返済でも許される事情には、ほかの理由もあります。
それは、この場合の残債というのは、担保のない借り入れとなり、万が一債務者が返済できないといった事態になると、保証会社や債務回収会社は困ってしまうのです。

そのため、債務者の経済状況に応じた対応をしてもらえるのです。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ