大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 任意売却をすることでブラックリストにのるって本当?

任意売却をすることでブラックリストにのるって本当?


Dollarphotoclub_90968019

そもそも、ブラックリストとはどのようなもの?

貸金業者からお金を借りたり、銀行などでローンを組んだりしたときに、なんらかの事情があって返済が滞納してしまうことはない話ではありません。
ただし、何回も返済が滞ってしまったりすると、ブラックリストにのってしまうといった話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
ここで言う”ブラックリスト”とは、一体どのようなものかご存知ですか?

ブラックリストとは、国内に数社ある個人信用情報機関が管理しているリストに記載される遅延・延滞などの情報のことを指しています。
つまり、いわゆる事故情報にあたるものです。

ただし、各機関では、事故情報だけをリストのような形にまとめているわけではなく、ブラックリストといった形では存在してはいません。

任意売却を行うことでブラックリストにのってしまう?

すでに上でご説明しましたが、いわゆるブラックリストというものは存在しません。
そのため、任意売却を行う行わないに関わらず、”ブラックリスト”にのる、といったことはありません。

ただし、個人信用情報機関がそれぞれ管理しているデータにおいて、事故情報として登録されることはあります。
具体的には、任意売却の手続きを行うことで事故情報として登録されるのではなく、任意売却を行う前提となる、住宅ローンを3ヶ月以上滞納した場合に事故情報としての登録がされるのです。

事故情報はどのくらい残るもの?

任意売却を行うことで事故情報として登録されることはありませんが、住宅ローンの延滞が3ヶ月以上継続することで事故情報となります。
事故情報の登録機関はその内容によって幅がありますが、このようなケースにおいては契約終了日から5年以内とされています。

事故情報が登録されている期間は新たに住宅ローンを組むことはできず、登録が消されるまで待たなくてはなりません。
もちろん、延滞をしないに越したことはありませんが、やむを得ない事情などで事故情報として登録されてしまった場合には、できるだけ早く任意売却を行うことをおすすめします。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ