大阪で任意売却会社 > 住宅ローンに関して > 任意売却をすることでブラックリストにのるって本当?

任意売却をすることでブラックリストにのるって本当?


そもそも、ブラックリストとはどのようなもの?

貸金業者からお金を借りたり、銀行などでローンを組んだりしたときに、なんらかの事情があって返済が滞納してしまうことはない話ではありません。
ただし、何回も返済が滞ってしまったりすると、ブラックリストにのってしまうといった話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
ここで言う”ブラックリスト”とは、一体どのようなものかご存知ですか?

ブラックリストとは、国内に数社ある個人信用情報機関が管理しているリストに記載される遅延・延滞などの情報のことを指しています。
つまり、いわゆる事故情報にあたるものです。

ただし、各機関では、事故情報だけをリストのような形にまとめているわけではなく、ブラックリストといった形では存在してはいません。

任意売却を行うことでブラックリストにのってしまう?

すでに上でご説明しましたが、いわゆるブラックリストというものは存在しません。
そのため、任意売却を行う行わないに関わらず、”ブラックリスト”にのる、といったことはありません。

ただし、個人信用情報機関がそれぞれ管理しているデータにおいて、事故情報として登録されることはあります。
具体的には、任意売却の手続きを行うことで事故情報として登録されるのではなく、任意売却を行う前提となる、住宅ローンを3ヶ月以上滞納した場合に事故情報としての登録がされるのです。

事故情報はどのくらい残るもの?

任意売却を行うことで事故情報として登録されることはありませんが、住宅ローンの延滞が3ヶ月以上継続することで事故情報となります。
事故情報の登録機関はその内容によって幅がありますが、このようなケースにおいては契約終了日から5年以内とされています。

事故情報が登録されている期間は新たに住宅ローンを組むことはできず、登録が消されるまで待たなくてはなりません。
もちろん、延滞をしないに越したことはありませんが、やむを得ない事情などで事故情報として登録されてしまった場合には、できるだけ早く任意売却を行うことをおすすめします。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2グランソレイユ

おすすめの理由
                 
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  •                    
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ