大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 任意売却の流れ

任意売却の流れ


任意売約にかかる期間

これから任意売却を実行すると決めてから売却が滞りなく完了するまでの期間というのはおよそ2ヶ月程度となります。
その中でも半数の形がスムーズに1ヶ月程で済むケースもあれば、債権者との解決がうまくいかずに半年近くもつれるケースもあるとされます。

根本的に債権者との折り合いで残債の精算を上手に行うことが運ばれれば、任意売却というのは円満に解決となり双方にとっても良いこととなります。
債務の状況にもよりますが、これまでの債権者に対して不誠実とならぬよううまくまとめていくのが専門家の仕事となりますので、大体がまとまることとなります。

半年近くもこの任意売却がまとまらないと言ったケースというのは、債務者の能力以上の債務を担ってしまったことによるトラブルを抱えてしまったというケースであっても、競売を避けることが出来て、任意売却で解決を迎えるのであれば、時間がかかっても専門家に任せておくことが大事でしょう。

専門相談員の役割

絶対に避けるべく、競売という言葉は聞かないよう困ったときにはすぐに専門相談員に打ち明けることが大事です。
競売開始決定の通知が届いてしまって、もう全てを断念してしまうなど諦めるのはまだ早いのです。

こういった競売開始決定通知が届いても、回避して任意売却に持ち込むのはけっこうあるケースなのです。
実際には元々競売物件となる可能性であったのが、実は専門相談員によって任意売却で円満解決で処理したということが少なくはありません。

不動産を所有している私たちは当然、素人なので行政や裁判所から通達される通知というのは絶対避けることのできない印籠と捉えます。
実は、脱税、税金の踏み倒しなどによる差し押さえなどによる競売案件といいのも年間何万件とあります。

しかし、日本全国で全てが競売となれば、不動産価値の大下落も招き、債権者にとっても本当は避けたいものなのです。
そういったことで、任意売却に持ち込んで手続きにできる専門相談員は債務者と債権者の双方のメリットを上手に引き出すのが役割となるのです。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ