大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 任意売却の期間

任意売却の期間


任意売却に要する期間はいつくらい?

任意売却というのは債務者がすぐに決断して、進めたいと言ってもすぐに実行はなされません。
元々、一定期間の滞納や延滞があった状態から進んでいく交渉事ですので、2、3ヶ月くらいですぐに売却して引っ越すというわけには行かないのです。

実際に任意売却が進んでいく過程や期間というのはどのくらいかかるのかと言うと、およそ半年くらいがよくある期間と言われています。
もし、所有の不動産の売却を決めて、次の生活の準備を進めるにあたっては半年間の準備期間を持って臨むことを認識しておいてください。
早くても4ヶ月程もあれば、専門家の交渉と手続きが早い場合だとそのくらいもありますが、それは稀と思っておいてください。

また、競売開始や担保不動産競売開始決定通知を手元にあった場合でも、競売の開札期日の前日までなら任意売却の対応は可能なのです。
競売と聞いてもすぐに諦めずに任意売却の専門家に何とか競売を避けて進めてもらえるよう最後まで諦めずに相談しましょう。

ただし、開札の前日と言っても債権者との交渉事が数日で終わるわけでもありませんので、交渉事が無事成立して売却が進むのは1ヶ月以上はかかることを知っておきましょう。
その期間を計算しながら、プロの専門家と充分に相談して任意売却までの手続き期間を半年ほどと計算するのが一般的となります。

任意売却で自身が対応せねばならない期間・期日

全てが手遅れになって競売となる流れだけは避けなければなりませんので、任意売却とお金の流れなどを手続きに要する期間と手続きの要点を知っておくことで、仕事を休んで対応しなければならない日も数日作らなければなりません。

仕事は収入のためでもありますので、出来ればずっと働き詰めでも良いかと思いますが、任意売却には本人自体が対応しなければならないポイントがいくつかあります。
本人が必要とするのは役所や不動産屋、金融機関などの必要書類を集める事が必要となります。
本人手続き書類は当然、本人か家族などの代理人などが手続きを行うことが必要ですので、通常の日中であれば、役所などに出向かないといけません。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ