大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 任意売却の必要書類

任意売却の必要書類


任意売却に必要な書類

任意売却の手続きを進めるにあたって必要な書類をよく確認しておくことが重要です。
人生の中では初めてで最後となるくらいに一度だけの出来事になるでしょうが、手続きには失敗は許されませんので認識しておいてください。

基本的には今回の債務超過に至った際の催告書や督促状などで、現在の債務状況を示し滞納している内容を指し示したものを全て取っておきましょう。
また、手続きに必要な中で、現在住んでいる住宅の不動産売買契約書や登記簿謄本などの書類を全て差し出すことが必要となります。

実際に売却までのステップを進めていく際には専属専任媒介契約などの任意売却をお願いする依頼契約書を結ぶこととなります。
締結となれば、債権者との交渉が進み、実際に売却する物件の土地家屋の評価を査定したりして売却額などを算出していきます。

土地家屋評価証明書を発行してもらうために委任状を提出することや、任意売却を本依頼する手続き書類をここで署名捺印を行い進めていきます。
当然、不動産売買における手続きを行うので、印鑑証明書や権利書なども用意が必要です。

任意売却の必要書類を紛失した場合

任意売却をひとつずつ進めていけば、最終的に債権者との折り合いもつき、売却となれば、通常の売買契約書や重要事項説明書などを買い手に発行することとなります。
一度、手にした住宅が再度査定されて評価証明書に沿って、新たに中古物件として次の買い手に不動産を売却することとなります。

こういった任意売却というのは依頼した業者が元々の不動産を取得した際に書類を基に業者側で用意する書類がありますので、本件で別途必要というものは業者によって用意をしてもらってください。
ただし、元々の不動産取得に際しての書類は紛失したり、毀損した場合には改めて法務局や役所などで再発行などをしてもらう必要がありますので、登記簿謄本や権利書、不動産売買契約書などはきちんと保管していることを確かめておきましょう。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2グランソレイユ

おすすめの理由
                 
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  •                    
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ