大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 任意売却のデメリット

任意売却のデメリット


任意売却は絶対成功するのか?

任意売却をこれから選択しようと進む方に知っておいて欲しいいくつかのデメリットを確認しておいてください。
メリットや良い点はいくつもありますが、実は任意売却にもデメリットな点もありますので手続きをする前には確認しておきましょう。

基本的に任意売却というのも債権者との交渉事が大きな仕事となります。
その交渉事に関しては簡単で平坦な道では無いために、プロでしかこの仕事を引き受けることは難しいでしょう。
最近では任意売却の専門資格の任意売却取扱主任者というものがあるくらい、この道の取扱いに関しては複雑さを帯びます。

また、任意売却を選択して業者にお任せする流れとなりますが、一番のデメリットとなるのが、手続きを任せたから絶対に手続きを完了させるとは限らないのです。
これは選択する業者によっての力量に拠るものになりますが、債権者と売却額の合意や保証人の同意などもこぎつけなくてはなりません。

一番の債権者との同意を得るにあたっては得られなければ、法的手続きを踏んで競売となるケースがあり得ます。
債権者は債権を早く最低限でも回収できることを優先に考えてしまっては任意売却などと言ってられないのです。
そういった面でもこういった交渉事は絶対に失敗をすることができないのです。

任意売却での手間負担は何か?

この手続きを踏んで、どうしても避けられない手間事は売却で得た利益で全ての借金を返すという確固たる理由がありません。
どうしても不動産を売却すると言っても、資産価値が大きく上がり利益を得れるような運用がこの時代では難しいと言えるでしょう。

ある程度の借金が残って返済を改めて組み替えることと、保証人へ残債の請求などが生じたりするのでこの点はどうしても避けられないデメリットとなりますので、こちらは保証人との充分な話が必要となります。
しかし、競売などの有無を言わさず執行される売却となっても任意売却と違って残債の額が大きいので、競売の方が保証人への負担が大きいのは確かです。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ