大阪で任意売却会社 > 基礎知識 > 任意売却にかかる費用

任意売却にかかる費用


任意売却の手続き費用

任意売却に関して掛かる必要経費というのはいくつかに分けて手続き費用が生じます。
その費用というのは以下の分類に分かれて、構成されています。
①不動産仲介手数料
②司法書士報酬と登記に掛かる費用
③税金差し押さえに関する解除費用
④マンションであれば、管理費の精算費用
⑤退去・引越し費用

などの費用がかかってしまい、数十万円から百数十万円ともなってしまいます。
実際に掛かる手続き費用は仕方ありませんが、元々支払うべきであった税金やマンション管理費などは積もりに積もって滞納した費用となりますので、こちらはケースによって変わります。

不動産売買に関する手続きに関する費用は新規でも中古でも必要な経費であって、避けて通ることはできません。
しかし、引越しに関する費用というのは知人に手助けしてもらうことで費用をゼロにすることも出来ます。

しかし、そういった疲弊した状況の中での引越し費用だけでなく、当面の生活を軌道に乗せることでも費用がかかります。
任意売却というのは先払いとすれば、大きく費用がかかるかもしれませんが、実際には成功報酬制を取り扱っているところが多いようです。

任意売却の費用は先払い?

任意売却という手続きに関しては、法定的な手続き費用というものは決まっておりません。
任意売却自体は競売とかの強制的な執行と違って、売り主の任意にて売却手続きを進めるものになりますので、売却などの不動産の売買に関して費用が掛かってきます。

しかも、競売と違って任意売却というのは債務者と債権者の双方のメリットを最大限に保ちながら、互いに損害を最小限に食い止めながら手続きを行います。
それが目的となっており、最終的に全ての売却益からそれまでに掛かった必要経費を差し引くので、実際には依頼者の費用というのは不要のところが多いようです。

債務整理とか弁護士や司法書士の成功報酬制というのがここ最近にして目立っていますが、この任意売却に関しても最終的の利益から相殺となれば、実質費用はゼロとなってきます。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ