ローン保証会社とは


ローン保証会社の役割

住宅を取得する時に住宅ローンを組むことになりますが、連帯保証人を立てたり、保証会社に保証料を支払って手続きを進めることとなります。
そういった住宅ローンなどを組む時に関わるローン保証会社というのはどのようなものでしょうか?

住宅ローンを組むのは貸付けする銀行と契約を行って、何千万円ものお金を借りることとなります。
もし、毎月の支払を滞ってしまえば、督促状が来たり、催告書を受け取るなどをして最終的に期日まで支払いを行います。

しかし、それでも支払いを滞ってしまえば、あなたの連帯保証人にその支払いが請求されることとなります。
銀行はそういった面倒もそうですが、万が一の回収の見込みが無くなれば、ローン保証会社から一切の債権の回収をすることとなります。

ローン保証会社はそういった支払いが行えなくなった者の代わりに銀行へ残債を一括で支払ってくれることとなり、銀行は損をしないようになります。
ある意味、銀行ではそのローン保証会社を保険に住宅ローンを組ませる条件として設定することが多いのです。

住宅ローンが支払えなくなった場合

住宅ローンの支払いを履行できなくなった場合には、契約をしたローン保証会社があなたの借金を肩代わりしてくれる保険と捉えがちですが、それは全く違うのです。
確かにローン保証会社では、住宅ローンを支払えなくなったあなたのために銀行にローン残高を支払うこととなり、銀行は損をしません。
しかし、ここから先が問題であって、あなたはひとつも楽になる訳でも無いのが、ローン保証会社の役割です。

ローン保証会社では最初に契約を行うための保証料を支払って、手続きをします。
けっこう高い金額の保証料を支払っているにも関わらず、保証会社は住宅ローンの肩代わりをした後に、あなた自身への取り立てを始めます。

借金の肩代わりをしてもらったから、終わりではなく、債権がローン保証会社に替わっただけであって、債権の回収は引き続きあなたの下へ取り立てが続くのです。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ