リースバックとは?


0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

リースバックとは?

「もともとAさんが所有していた不動産を、投資家などのBさんに売却したとしましょう。 その後に 、購入したBさんから、Aさんが賃貸として借る」。このようなシステム を 「リースバック」と 呼んでいます。

主に、本社ビルを持っているような大手の企業が、資金調達の多様化を求めて使っていることが多いです。

「元々の不動産の所有者が、引き続きその不動産を利用する」ので、実態があまり変わらないやり方となっています。

一般家庭でリースバックするケースも増えている

リースバックは大手の企業が行っているだけではなく、最近では一般家庭でも見られるようになりました。 一般家庭がリースバックすると

ローン返済で毎月15万円払っていたのを、賃貸として毎月10万円払って、同じ家に住み続ける

というのが可能になるのです。 書類上は 、財産を手放すことになってしまうのですが、「いつも通りの生活」は変わらないため、 見た目の変化はありません。
そして、住まいに関する毎月の支払額を減らすことができるので、家計を抑えることができるのです。

この背景には「 毎月の支払い金額が厳しい」 という理由だけではなく、「自宅の所有者がもう高齢なので、売却した資金を賃貸料金にまわして、そのまま住み続けたい」 という理由も目立ちますね。

この時に売却する相手は、親族になることがあります。親族に売却した方が 、全くの赤の他人に売却するよりも 安心感があるのがメリットです。もちろん、赤の他人に売却するこも できます。

任意売却は不動産に任せましょう

リースバックをすると、必ず出てくるのが「任意売却」です。 任意売却というのは、「まだ ローン返済が残っている不動産を 売却する」場合に使われる言葉です。リースバックする人たちは、ローン返済がまだ残っている状態が ほとんどとなってます。

任意売却する時は、 不動産に関する 専門的な知識と処理が必要不可欠になるので、不動産業者に一任するのがお勧めです。 どこの不動産業者でも幅広く相談に乗ってくれるはずなので、 興味がある場合は、お近くの業者に問い合わせてみましょう。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ