リースバックとは?



リースバックとは?

「もともとAさんが所有していた不動産を、投資家などのBさんに売却したとしましょう。 その後に 、購入したBさんから、Aさんが賃貸として借る」。このようなシステム を 「リースバック」と 呼んでいます。

主に、本社ビルを持っているような大手の企業が、資金調達の多様化を求めて使っていることが多いです。

「元々の不動産の所有者が、引き続きその不動産を利用する」ので、実態があまり変わらないやり方となっています。

一般家庭でリースバックするケースも増えている

リースバックは大手の企業が行っているだけではなく、最近では一般家庭でも見られるようになりました。 一般家庭がリースバックすると

ローン返済で毎月15万円払っていたのを、賃貸として毎月10万円払って、同じ家に住み続ける

というのが可能になるのです。 書類上は 、財産を手放すことになってしまうのですが、「いつも通りの生活」は変わらないため、 見た目の変化はありません。
そして、住まいに関する毎月の支払額を減らすことができるので、家計を抑えることができるのです。

この背景には「 毎月の支払い金額が厳しい」 という理由だけではなく、「自宅の所有者がもう高齢なので、売却した資金を賃貸料金にまわして、そのまま住み続けたい」 という理由も目立ちますね。

この時に売却する相手は、親族になることがあります。親族に売却した方が 、全くの赤の他人に売却するよりも 安心感があるのがメリットです。もちろん、赤の他人に売却するこも できます。

任意売却は不動産に任せましょう

リースバックをすると、必ず出てくるのが「任意売却」です。 任意売却というのは、「まだ ローン返済が残っている不動産を 売却する」場合に使われる言葉です。リースバックする人たちは、ローン返済がまだ残っている状態が ほとんどとなってます。

任意売却する時は、 不動産に関する 専門的な知識と処理が必要不可欠になるので、不動産業者に一任するのがお勧めです。 どこの不動産業者でも幅広く相談に乗ってくれるはずなので、 興味がある場合は、お近くの業者に問い合わせてみましょう。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
                 
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2グランソレイユ

おすすめの理由
                 
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  •                    
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ