不動産ってどう売るの?損しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた上で売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(安心の野村不動産)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売する前に無料査定サイトを利用してから『任意売却』しましょう

住宅ローンの支払いが滞るとマイホームや不動産を競売しなくてはいけない状況になります。
そうなった時に、いわれるがまま競売をせずに、任意売却という手段を選択肢にいれましょう。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がない以外に任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

他にも競売の場合は裁判所が介入するため、引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かな一方で、任意売却であれば融通が利きますし、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

少しでも負債が軽くなる任意売却を選ぶためにも不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って納得のいく会社を見つけて売却しましょう。

競売より任意売却をおすすめする理由

競売での資産価値が低くなる理由

もしかして不動産を手放さないといけない理由が生じて、競売か任意売却の選択を迫られることとなった時にあなたはどちらを選びますか? 経験しなければ、なかなかその判断をすることは無いかと思いますが、この選択で残る財産の額が大きく変わるということをご存知でしょうか?

それというのも競売というのは、住宅ローンや借金をしたものに対して返済が出来なくなった際に債権者が取り立てて債務に充てて弁済をしてもらうための手段であって、こちらの意志とは関係なく、執行されてしまうので、是非とも避けたいものです。

しかも、弁済は差し押さえという形で、不動産を叩き売りされるために競売という方法が取られると落札者にとっても差押え物件ということを認知しているために金額も市場より安価となるケースが多いために、債務者にとっては不利なケースとなります。

任意売却を選択するための方法

任意売却というのは競売と違って、不動産の価値は市場価値を残しながらの査定も生きているので、通常の売却と同じように売却額が算定されます。 実際の金額の差が、競売では2/3程度の額となることが多いので、数千万円も住宅ローンが残っている場合だと数百万円も変わってきます。

できれば、そうならないためにも不動産を手放すこととなれば、任意売却を選択することが賢い手段であり、誰もが考えても金額面でのメリットの高さが大きくうかがえることは一目瞭然ですよね。

これまでの競売で不動産が売却される可能性があったり、そうせざるを得ないところまで差し迫ったこととなれば一度、専門家に相談をして全力で避けることをお勧めします。

数百万円も損することになり兼ねない悲惨なことや破産などの強制執行となると、これまでの生活が一瞬にして変更せざるを得なくなります。 また、不動産を手放すまでの流れやその後の生活までのゆとりが無くなることや時間の制約がとてつもなくあるために、仕事にすらきちんとこなすこともままならなくなってしまうこともあり、最終的に会社からリストラを言い渡されるケースもあるそうです。

そのため、競売といった最悪のケースを打開することが人間らしい生活を維持するには任意売却は必然となるべくものとなります。

マイホームを持ちたいと考えているタイプ

日本の中で東京に次いで大きい街:大阪。

東京に比べて大阪は物価も比較的安く、大阪で理想のマイホームを持ちたいと考えている人も多いと思います。

そして大阪でマイホームを持ちたいと考えている人は、大まかに次の4タイプに分類することができます。

○もともと大阪に住んでいて、親から引き継いだ土地に一戸建てを建てたい(二世帯住宅)。

○やはり大阪市内の土地は高いので、できれば大阪郊外に土地付き分譲住宅を持ちたい。

○中古住宅(マンション)を購入して、家族が住みやすい間取りにリフォームする。

○大阪市内(郊外)でマイホームを持つことは難しいので諦める。

上記に明記した4タイプからわかるように、大阪においてもマイホームを実現するのは非常に難しく生半可ではできないことがわかります。

そうしたことを踏まえた上で、大阪で満足できるマイホームを実現するためには、大阪の住宅事情をしっかり把握する必要があるのです。

大阪の住宅事情について

では現在の大阪の住宅事情は、どのような感じになっているのでしょうか。 (ここでは「マイホーム=一軒家」に絞って考えます。)

まず大前提として、私たちは土地の立地環境や土地価格の相場を知っておく必要があります。

例えば大阪市内で利便性の優れた場所は、必然的に土地価格も高くなります。

しかし土地価格が高いにも関わらず、「思い通りのプランを立てられない土地(融通の利かない土地)」が多いのも事実です。

そして、住宅の建築工法や仕上げの仕様も各メーカーによって異なります。

地震に強い工法やアフターサポートが充実など・・・。

次に考えられるのは、マイホームならではの快適性能や防犯性です。

昔は向こう三軒両隣が当たり前でしたが、現在では隣近所との繋がりも希薄になっているので、どうしても快適性能や防犯性は重要性を持ちます。

そして最後に、将来を見越した資金計画です。

念願のマイホームの実現によって幸せで豊かな暮らしができるよう、資金計画も充実しておく必要があります

マイホームという大事業を成し遂げよう

「マイホームを持つことは大変やなぁ」と思われたのではないでしょうか。

事実、失敗することなく満足するマイホームを実現することは、想像以上に大変なことなのです。

しかし大阪の住宅事情を知ることによって、是非ともマイホームという大事業を頑張って頂きたいと思います。

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

住宅ローンに関して

大阪エリアの口コミ・評判

運営者情報サイトマップ