大阪の任意売却会社

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • トータルにサポートしてくれる!!
  • デメリットまで説明してくれる!!
  • 5年以上の実績を持っている!!

利用者の声
30歳 (女性)「わかりやすく解説してくれました」
代表者の斎藤善徳さんは、2016年4月11日に任意売却の著書を出版することとなっており、住宅ローン地獄からあなたを救うためにと、わかりやすく解説してくれました

公式サイトはこちら

2ライフエージェント

おすすめの理由
  • 相手の立場にたった相談
  • 任意売却以外の解決方法も提案
  • 売却後の住まい確保までサポート

3オーナーズ・プランニング

おすすめの理由
  • 不動産の専門家!!
  • ワンストップ対応!!
  • 法的知識も豊富!!

ページトップへ

競売より任意売却をおすすめする理由

競売での資産価値が低くなる理由

もしかして不動産を手放さないといけない理由が生じて、競売か任意売却の選択を迫られることとなった時にあなたはどちらを選びますか? 経験しなければ、なかなかその判断をすることは無いかと思いますが、この選択で残る財産の額が大きく変わるということをご存知でしょうか?

それというのも競売というのは、住宅ローンや借金をしたものに対して返済が出来なくなった際に債権者が取り立てて債務に充てて弁済をしてもらうための手段であって、こちらの意志とは関係なく、執行されてしまうので、是非とも避けたいものです。

しかも、弁済は差し押さえという形で、不動産を叩き売りされるために競売という方法が取られると落札者にとっても差押え物件ということを認知しているために金額も市場より安価となるケースが多いために、債務者にとっては不利なケースとなります。

任意売却を選択するための方法

任意売却というのは競売と違って、不動産の価値は市場価値を残しながらの査定も生きているので、通常の売却と同じように売却額が算定されます。 実際の金額の差が、競売では2/3程度の額となることが多いので、数千万円も住宅ローンが残っている場合だと数百万円も変わってきます。

できれば、そうならないためにも不動産を手放すこととなれば、任意売却を選択することが賢い手段であり、誰もが考えても金額面でのメリットの高さが大きくうかがえることは一目瞭然ですよね。

これまでの競売で不動産が売却される可能性があったり、そうせざるを得ないところまで差し迫ったこととなれば一度、専門家に相談をして全力で避けることをお勧めします。

数百万円も損することになり兼ねない悲惨なことや破産などの強制執行となると、これまでの生活が一瞬にして変更せざるを得なくなります。 また、不動産を手放すまでの流れやその後の生活までのゆとりが無くなることや時間の制約がとてつもなくあるために、仕事にすらきちんとこなすこともままならなくなってしまうこともあり、最終的に会社からリストラを言い渡されるケースもあるそうです。

そのため、競売といった最悪のケースを打開することが人間らしい生活を維持するには任意売却は必然となるべくものとなります。

ページトップへ